小 中 大
 
 

はじめての方へ

HOME>はじめての方へ>商品の基礎知識を学ぶ>REIT

REIT(不動産投資信託)

REITって何?

REITとは、不動産を主な運用対象とする投資信託です。投資家から証券会社を通じて集められた資金を、運用のプロがオフィスビルやマンションなどに投資をして、その賃貸料や売却益を投資家に分配する仕組みの商品です。東証や大証などの金融商品取引所に上場されているので、通常の株式と同様に売買できます。REITは「Real Estate Investment Trust」の略で、不動産投資信託ともいいます。

REITの仕組みって?

REITの仕組みは下の図のようになっています。

REITの仕組みって?

REITはどうやって買えるの?

REITは一般の株式と同じように、証券取引所に上場しています。そのため、証券会社に口座を開設して普通の株式と同じように売買が可能です。

REITの魅力は?

下記のようなものがREITの魅力といえます。

上場株式と同じようにリアルタイムに売買することができる。

比較的高い利回りが期待できる。

利益のほとんどを投資家に分配する仕組みになっています。このため、実際の不動産そのものに投資するのと同様に、不動産からの収益を毎期の分配金として受け取ることが可能です。

分散投資により比較的安定した配当が期待できる。

REITは多数の物件に分散投資しています。空室の発生などのリスクも分散されますので、比較的安定した配当が期待できます。

少額から投資が可能。

通常、不動産へ投資するためには、多額の資金が必要になります。しかしREITであれば、個々の投資家は少額からでも手軽に始めることができます。

REITのリスクは?

REITの主なリスクとして以下のようなものが挙げられます。

不動産市場の変動リスク

不動産の賃貸市場や売買市場、金利環境、経済情勢などの影響を受けて、REITが保有する物件の賃料収入が減ったり、保有物件そのものの価格が低下したりすることで、価格や分配金が変動する可能性があり、株式と同様に元本は保証されるものではありません。

金利変動リスク

REITは、一般投資家から資金を集めるほか、金融機関からの借入を行って資金調達している場合があります。この場合、金利の変動はREITの収益に影響を及ぼし、価格や分配金が変動する可能性があります。

災害などによるリスク

投資対象の不動産が地震や火災の被災を受けた場合など、予想不可能な事態によって価格や分配金が変動する可能性があります。

運営に関するリスク

REITは一般の法人と同様に、倒産するリスクがあります。このリスクが表面化した場合、価格が著しく下落する可能性があります。

REITのリスクおよび手数料

国内上場不動産投資信託(REIT)は、主に不動産を対象に投資していますので、不動産市況や自然災害などさまざまな要因による価格変動および発行者の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化などそれらに関する外部評価の変化などにより損失が生じるおそれ(元本欠損リスク)があります。お取引をされる場合、店舗における国内の金融商品取引所に上場する国内上場不動産投資信託(売買単位未満を除く)の場合は、約定代金に対して最大1.08%(税込)(ただし、約定代金の1.08%に相当する額が3,780円(税込)に満たない場合は3,780円(税込))の委託手数料をご負担いただきます。

  • 国内株式
  • ETF
  • ETN
  • 債券
  • 投資信託の特徴
 
 
TOPヘ