はじめての方へ

HOME>はじめての方へ>商品の基礎知識を学ぶ>投資信託の特徴

投資信託の特徴

投資信託は、複数の投資家から集められた資金を一つにまとめ、運用の専門家である投資信託委託会社が株式や債券などの有価証券で運用し、その成果を投資額の割合に応じてお客さまに還元する仕組みの商品です。

投資信託の仕組み

投資信託の仕組み

投資信託のメリットとデメリット

少額から投資が始められる

投資信託は、10,000円または10,000口以上から投資が可能です。
投信積立の場合だと、月々10,000円からとさらに少額からの取引が可能です。
株式投資などは、購入に企業の株価にあわせてある程度まとまったお金を必要とします。
たとえば、A株式会社の株は1株500円、売買単位は1,000株とします。
A株式会社の株を購入するには、最低50万円必要となります。

運用のプロ(ファンドマネージャー)が運用

個人では多くの時間と知識が必要となる金融取引ですが、投資信託は運用のプロであるファンドマネージャーが各ファンドの運用方針にしたがって投資判断から取引までを投資家に代わって行ってくれます。
投資家は、定期的に発行されるレポートにて運用状況が把握できます。

分散投資でリスクを軽減できる

1つの銘柄だけに投資していた場合、企業倒産や株価が値下がりすると、そこでの影響をそのままに受けてしまい大きな損失を負う可能性があります。そこで、投資信託によって複数の銘柄に資金を分けて投資をすることで値下がりなどのさまざまなリスクを、分散、軽減することができます。

個人では投資しにくい国や地域、資産に投資できる

投資信託は、国内外の株価指数、株式、不動産、債券など、組み込む資産は多種多様です。
また、個人投資家には困難な発展途上国の株式や債券などを投資対象とした商品が多くあります。

投資信託の手数料およびリスクについて

投資信託は主に国内外の株式や債券、その他の有価証券などを投資対象としますので、組入有価証券などの価格の下落(価格変動リスク)、組入有価証券などの発行会社の倒産や財務状況の悪化(信用リスク)、外貨建資産に投資する場合には為替の変動(為替リスク)などの影響により、基準価額が下落し損失を生じるおそれがあります。したがって、ご投資家の皆さまの投資元金は保証されているものではなく、投資元金を割込むことがあります。
投資信託にご投資いただく際には、販売手数料、信託報酬、組入有価証券の売買および保管ならびに信託事務に係る諸費用、監査費用、信託財産留保額、解約手数料などを直接または間接的にご負担いただく場合があります。これらの手数料や諸費用などはファンドごとに異なります。なお、手数料など諸費用の合計額については、保有期間などに応じて異なる場合がありますので、原則として表示することができません。
詳細は各ファンドの契約締結前交付書面(投資信託説明書(交付目論見書)および補完書面)をご確認下さい。

「投資信託の収益分配金」および「通貨選択型投資信託の収益/損失」に関するご説明

PDFファイルをご覧になるには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードして下さい。

ここから先は「アドビシステムズ株式会社」のサイトとなります。
自動的にページが切り替わらない場合は、以下のURLを押して下さい。
http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html

 
  • 国内株式
  • ETF
  • ETN
  • REIT
  • 債券
 
 
TOPヘ