小 中 大
 
 

商品情報

HOME>商品情報>投資信託>ロボット戦略 世界分散ファンド

ロボット戦略 世界分散ファンド

愛称:資産の番人

追加型投信/内外/資産複合/特殊型(絶対収益追求型)

ファンドの 基準価額、詳細などはこちら
 

ファンドの特色

特色1

主として円建の外国投資信託証券であるマン・AHL・ダイバーシティ・オルタナティブ-日本円クラス(ヘッジ付)(以下「外国投資信託」ということがあります。)への投資を通じて、先進国および新興国の株価指数先物取引、債券先物取引、金利先物取引および為替先渡取引等を活用し、幅広い資産に投資を行います。

特色2

外国投資信託の運用は、1987年の創業以来、一貫したコンピューター運用の実績を持つ英国のAHL パートナーズLLP(以下「AHL」ということがあります)が行います。AHLが世界最先端の金融技術の研究・開発により生み出した独自の定量モデルが、投資判断を行います。

主として市場動向の方向性にそって多数の先物等について「買い建て(ロング)ポジション」または「売り建て(ショート)ポジション」を構築することにより、中期的な信託財産の成長を図ることを目的として運用を行います。

先進国および新興国における多くの市場を対象としたシステマチック運用により、市場の上昇および下落局面において収益を追求します。特定の市場の動向に左右されにくい収益の追求を目指すことを絶対収益追求といいますが、必ず収益を得られることを意味するものではありません。

原則として、コモディティ市場への投資は行いません。

特色3

外国投資信託においては、原則として当該外国投資信託の純資産総額を米ドル換算した額とほぼ同額程度の米ドル売り円買いの為替取引を行い、円に対する米ドルの為替変動リスクの低減を図ります。

外国投資信託の実質的な通貨配分における各通貨と米ドルの間に発生する為替変動の影響を受けることがあります。

資金動向や市況動向等によっては、上記のような運用が行われない場合があります。

当ファンドの動画を配信中です。動画をご覧になるお客さまはこちら

ロボット戦略 世界分散ファンドの動画

配信時間:6分46秒

動画提供:T&Dアセットマネジメント株式会社

制作:2016年12月

動画を見る

投資信託のリスク及び手数料等について

投資信託は主に国内外の株式や債券、その他の有価証券等を投資対象としますので、組入有価証券等の価格の下落(価格変動リスク)、組入有価証券等の発行会社の倒産や財務状況の悪化(信用リスク)、外貨建資産に投資する場合には為替の変動(為替リスク)等の影響により、基準価額が下落し損失を生じるおそれがあります。したがって、ご投資家の皆さまの投資元金は保証されているものではなく、投資元金を割込むことがあります。
投資信託にご投資いただく際には、販売手数料、信託報酬、組入有価証券の売買および保管ならびに信託事務に係る諸費用、監査費用、信託財産留保額、解約手数料等を直接または間接的にご負担いただく場合があります。これらの手数料や諸費用等はファンド毎に異なります。なお、手数料など諸費用の合計額については、保有期間等に応じて異なる場合がありますので、原則として表示することができません。
詳細は各ファンドの契約締結前交付書面(投資信託説明書(交付目論見書)および補完書面)をご確認ください。

「投資信託の収益分配金」および「通貨選択型投資信託の収益/損失」に関するご説明

【商号等】 ちばぎん証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第114号
【加入協会】 日本証券業協会

  • 口座をお持ちでないお客さまはこちら

    口座開設
  • オンライントレードを
    ご利用のお客さまはこちら

    オンライントレードログイン
 
TOPヘ